「すべてのインドア派へ」 XRで素晴らしい世界を作ってみよう! その0 

2018年10月17日

こんにちはホロ元です。

しばらくブログの更新が遅くなってしまいましたね。

ホロ元は、人生の中で何度か訪れる転換期に突入していたため、更新ができないでいました。(さぼってたわけじゃないですよ(^^)/)


さて、久しぶりになる今日のテーマは

XRで素晴らしき世界を作ってみよう!



さて、皆さんは9月1日問題という言葉を聞いたことがありますか?

小・中・高校生で、一年で一番自殺の件数が多い日だそうです。

そして、長い夏休みを経て「不登校」となってしまう子供たちが多いのがこの二学期の時期と聞きます。

ここで、ホロ元の意見をば


「学校=勉強じゃない!」(^_-)-☆


ホロ元は勉強をすること=何かができるようになることがとっても好きでした。

だから苦しくても学校へ行きたいと、つよく思ってました。

でも、ホロ元がしたかったのは学校へ行くではなく、その先にある勉強やコミュニケーションだったわけですね。

「居場所」があれば学校にこだわらなくてもよかったのです。

そのことにホロ元は最近になってようやく気が付いたのでした。


「苦しんで、悲しんで、やっと見つけた私にとっての最適解」"(-""-)"


何度も苦しんで、そんなホロ元にとって現実世界をがらりと変えたものがXRだったわけです。

異世界といえば聞こえがいいのかもしれませんね。

9月1日問題だけでなく、毎日のように「○○中 いじめ自殺」などの記事を見かけます。

著名な方々で「行かなくていい!逃げていい!」と訴えておられる方も何度も見ました。

でも、当時のホロ元は「どこへ逃げたらいいの変わらない」と思ってました。

おそらくそう思う方は多いでしょう。

ココカラは、ホロ元流「居場所」として、ご紹介していきたいです。


「XRって何ぞやって?前置きが長いって? 落ち着け!まだパート0だ!」 ε(δΔδ)3


さあ、前置きが長くなってしまいましたが、次回から早速やっていきましょう!

「すべてのインドア派へ送る素晴らしきXRの世界」